データ復旧業者に依頼!|消失データを秒速復活

データをサーバ内に保管

男性

企業によっては、紙媒体で機密データを保管しているところがあります。昔ながらでどのファイルに資料が閉じられているのかすぐに把握出来るでしょう。しかし、いつまでも紙媒体で管理するわけにはいきません。紙媒体といっても、紙事態は物質なので、使用すればするほど引き出しや収納スペースを全て埋め尽くしてしまうでしょう。また、紙という物質は、年月が経過すると劣化してしまいます。最初は真っ白だった紙も、時間が経過すれば、茶色く色あせてしまうものです。そうなるとすぐにボロボロになり、何が書いてあるのか分からなくなりやすいです。しかも、紙媒体だと、何の制限なしに誰でも見れるので、個人情報が流出しやすいです。仮にシュレッターで切り刻んでも訓練を受けた人なら、すぐに復元してしまうのです。紙媒体も良いですが、ネットのクラウド上にあるファイルサーバに保存するのが最適です。なぜなら、クラウド状にあるファイルサーバなら、パスワード設定で容易に第三者から見られる心配は少なくなります。それに、紙ではなく、データなので収納を占拠される心配は少なくなるでしょう。すべて、クラウドのファイルサーバ内に保管されているようなものだからです。クラウド上のファイルサーバなら、データを保管するのに適しているのはわかりましたが、正直不安に感じるところもあるでしょう。何せ、最近ではデータ流出事件が発生したというニュースが流れているからです。しかし、そのような心配はありません。法人にも安心して利用してもらいえるように、自動でバックアップする機能やセキュリティも充実しているのです。データが流出される心配は薄まるでしょう。